スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試薬の変更と読み取り数値の真実

2012年03月20日 23:31

昨日、硝酸塩の試薬がなくなったため試薬を買いににショップへ行ってきました(^^)
1件目のお店が定休日でしたので近くにあるいつものお店に。
こちらのお店や系列店はRedSeaの試薬に力をいれており昨年から新しいシリーズの試薬がおいてあります。
しかし試薬を替えると試験結果に影響しそうなので以前と同じTestLabシリーズが欲しかったのですが
残念ながらNO3はおいていませんでした。

なので仕方なくMCP(Marine Care Program)シリーズの購入となりました。
1203201.jpg


箱を開けると試薬が3種類、瓶1本、シリンジ1本。それにカラーチャートが2枚。
硝酸塩と亜硝酸塩の両方が測定できると箱に記載してありましたが
同時にはできないようですね。また、箱には硝酸塩100回、亜硝酸塩60回とありましたが
説明書をみると硝酸塩100回もしくは亜硝酸塩60回の様です。
やはり舶来ものは箱に騙されやすいですね(^_^;)
1203202.jpg


ガラス瓶に飼育水と試薬を入れるため以前より正確になりそうな気がしますが
手間は増えそうです(-_-;)
1203203.jpg


と、ここでトラブル発生。図のチャートには9分待つとありますが・・・。
1203204.jpg


日本語の説明書には9分待つの記載がありません(-_-;)
英語の説明書があればわかるのですが説明書は日本語だけの為わかりません。
電話して聞こうにもメールアドレスしか記載していないです。はぁ。


まあ、カラーチャートは全世界向けで説明書は日本向けなのでカラーチャートの
裏にある手順が正しいのでしょうけどね。
1203205.jpg


色の変化がが3分ほどたってからなのでやはり9分待つのが正解なようです。
ですが値はMAX値の50ppm以上。
これでは値がわかりませぬ。
1203206.jpg

よーく説明書を見ると「ハイレンジ」1mlの飼育水をRO水で5倍に薄めて測り
カラーカードの5倍の数字で測定します。と書いてあります。

ん?ハイレンジ?

そうか!そういうことか!

以前のカラーチャートを見るとLowレンジの5倍がHighレンジになっています。
TestLabシリーズには説明書が入っていなかったのでわかりませんでしたが
5倍希釈で測るのがハイレンジだったのですね(-_-;)
と、いうことは今までの値はすべて誤りでLowレンジで見なきゃいけなかったのですね。
説明書くらい入れといてくださいよ。エムエムシー企画さん。
1203209.jpg

さて5倍に薄めますが我が家にはRO浄水器がありません。
どうしようと、途方にくれていましたら。。。
ありました(^_^;)スーパーでただでもらえるRO水が。
1203207.jpg


信頼性はともかく測ってみます。
すると硝酸塩値は100ppm。
ようやく正確な値が測れそうです。試薬が異なるのでデータは今日から
積み上げていかなければいけませんね(^_^;)
本日も変わらずバクトフードSPは3mlの添加。試薬のデータにぶれがなければ
若干増加傾向ですね。
1203208.jpg

スポンサーサイト


コメント

  1. hay911 | URL | nPHSK5j6

    Re: 試薬の変更と読み取り数値の真実

    あれ、説明書入っていませんでした?
    ペラ1の日本語説明書が入っていたような・・・。
    そのへんの品質はバラつきありそうですね・・・。

  2. kitakitu | URL | -

    Re: 試薬の変更と読み取り数値の真実

    hay911さんこんにちは。

    説明書は入っていなかったですね。
    ただ、自分が購入したのはだいぶ前の店頭商品や
    ネット購入なので新しいロットには入っているのかも
    しれませんね(^^)
    品質にバラつきはありそうです・・・。
    詳しく調べたらRedSeaってイスラエルから輸入しているのですね。
    ヘブライ語の説明書はいりませんが英語の説明書がついているなら添付してほしいですよね(^_^;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://icikitakitune.blog116.fc2.com/tb.php/905-ad5a87e9
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。