スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーヘッドメンテ

2012年02月11日 21:04

んま~見苦しいこと・・・(-_-;)
1202111.jpg


なのでパワーヘッドの分解清掃です♪
毎度のことですがRioよりflo部分の方がめんどくさい構造です(^_^;)
1202112.jpg


格闘すること数十分きれいになりました(^^)
1202113.jpg


塩だれも何とかしよーよー。
1202114.jpg


ボンドで固定したウミキノコも無事再びポリプを出し始めました♪
1202115.jpg
スポンサーサイト


コメント

  1. ZUN | URL | -

    Re: パワーヘッドメンテ

    すごく綺麗になりましたね^^
    新品のようです♪
    ウミキノコさんもニョッキーに
    なってくれるといいですね。

  2. kitakitu | URL | -

    Re: パワーヘッドメンテ

    ZUNさんこんばんは。

    SC計画続行のためにはまずコケを。
    というわけで目についていながらほっといたところを
    順番にきれいにする作戦です(^^)
    ウミキノコさんもようやく安住の地を確保できたので
    ニョッキー&株分けできるくらい大きくなって欲しいです♪

  3. +++華+++ | URL | -

    Re: パワーヘッドメンテ

    またまた┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨素人な質問ですが・・・
    パワーヘッドの効果ってどのようなものなのですか?
    うちの本水槽にも良さそうなものなら、
    取付工事しようかな・・・みたいな(*´艸`)

  4. kitakitu | URL | -

    Re: パワーヘッドメンテ

    +++華+++さんこんにちは。

    ちょっと長くなりますが。

    パワーヘッド(以下PH)設置の目的は水槽内に水流を
    起こすことにあります。
    ベルリン式のリーフタンク(いわゆるサンゴ水槽)で
    用いられている手段ですが水槽内にいきわたるように
    大きな水流(急激ではなく水槽内にじわっとした大きな水流、いわゆる上面から反対側のガラスに当たり底面付近では逆に流れ、水槽内を一周するという流れです)を起こすことによって水槽内のよどみをなくしたりします。
    また、接地面を水面近くにすることによって水面に波を起こし酸素供給を増やしてエアレーションを常時使わなくても溶存酸素量の多い状態にすることもできます。
    リーフタンクでなくともライブロックが入っている水槽には水流を起こすことによって有機物の硝化作用を進めること(いわゆるアンモニア→亜硝酸塩→硝酸塩のいつものサイクルですね)ができますが直接水流をぶち当てると硝化作用が強すぎて硝酸塩だらけになりすぎてペーハー低下の原因になってしまいます。

    そこでPHを取り付けることによってゆったりとした流れをライブロックに与えることによってライブロックに新しい水が当たり酸素もあたり硝化作用もほどほどできるというわけです。

    フグだけを飼うためのみの水槽であればここまで考えなくてもいいのかもしれませんが、海水飼育の理想は生体が住んでいる環境に近づけてあげることだと思います。ミドリフグもマングローブ帯の汽水~海水域に住んでいるお魚ですので当然潮の満ち引きなどによって水流を経験しているはずです。

    自分考えの一つですがよりランクの上の環境を用意してあげることによって生体にストレスがかからず病気にもなりづらいのかな?と考えています。ケンクボ水槽のミドリフグたちが病気にならなのもそういった事が要因の一つだと考えています。

    PHを取り付けることに対してのデメリットは
    水中モーターを設置することにより水温上昇に気を付けなければならないこととコンセントが増えること
    また、水流の方向や大きさを考えて設置してあげないと効果が少なかったり洗濯機状態になってしまうということがあります。

    半年前から進めてきたSC計画(ソフトコーラル計画)によってPHや外部フィルターの排水量、方向を調節してきました。見本は店頭の海水水槽のOF水槽です。
    同じような水流を45センチハイタイプの60L水槽で再現するにはどうしたらいいかを試行錯誤してきました。結果うまくいきそうだと思ったのでウミキノコを投入しましたが見事溶けることなくポリプを出してくれてます。

    ちょっと長くて難しい話だったと思いますがこういうことをフグのために考えてあげて
    実行してあげると水槽維持の方向性が明確になると思います(^^)
    うちのフグが事故以外で亡くなっていないのも
    小競り合いなく複数飼いに成功しているのも
    いろいろ改善を続けてきたからかもしれません。

    自分の周りの先輩方はみなサンゴとフグの共存に成功させており
    そういった方々のアドバイスによりケンクボ水槽は進化してきました♪
    また、PHはピンキリですがRio+などは安価なので
    ライブロックをドボンしたのであれば少しずつ
    いろいろチャレンジした方がメンテのモチベーションもあがりますよ(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://icikitakitune.blog116.fc2.com/tb.php/873-774f3847
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。