スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチフグオフ ~MIHOさんを迎撃~

2012年03月24日 23:59

2012年初のフグオフです(^^)

関西支部より来京されたMHOさんを葛西臨海水族園で迎撃です♪
1203241.jpg


一人で瞑想の世界に入る水族館も楽しいですが
ディープなアクア仲間と来るとこれまた一味違います(^^)

普通の人ならスルーする2枚貝のアクリル標本。
全員一致でこれいいね!です。
1203242.jpg


イソギンチャク水槽を見てもカーリーみたいでやだね~。
だとかカシパンは荒目サンゴ砂でもいけるのか?など視点が全く違います。
1203243.jpg


本日のプチ事件の元凶、ゴブリンフィッシュ。
MIHOさんが飼われているシーゴブリンとはちょっと違うようです(^^)
1203244.jpg


一般の方が通り過ぎさる渚水槽の手前部分。
傷ついたヒガンフグにあーでもないこーでもないと座り込んでフグ談義。
10分後、結局同種の縄張り争いだと判明です♪
1203249.jpg


ペンギン水槽に向かおうとするとなんとMIHOさんのスカーフ紛失事件が勃発。
フグの座り込み地点にあるのでは?との予測が外れ
ゴブリンフィッシュ水槽のところに落ちてました(^^)
それまで普通に見ていたMIHOさんゴブリンフィッシュを見つけると
目の色を変えて憑りつかれたように動画をとっているところをkitakituは見逃しませんでした♪

騒動のなかで写真を撮り忘れてしまいましたが
ペンギンエリアでどこから脱走したんだろうね~などとメインのペンギンそっちのけで
あそこからじゃないか、いやこっちじゃないかと話していたら飼育員のおじさんに
サメが触れるのは16:00までだよ~。なんて声をかけられ(^_^;)

でもタッチプールより設備が気になるアクアリスト。
水槽上部がみられる日本近海ゾーンで
あのふたは何のため?だとか、スキマー3台は連結されているのだろうか?
とか大水槽の水流はどうなっているんだ?などとアクア談義が広がります♪
1203245.jpg


あっというまに閉館時間を迎え夜の部に。
1203246.jpg


アクア談義といえばやっぱり酒のつまみに最高!
ということで仕事を終えて駆け付けたメンバーと酒瓶に囲まれた部屋で
ディープな会話。パパさんのマジックショーもありあっという間の3時間半でした(^^)
1203247.jpg


品川駅前では本物のマジシャンの技をみて一同ビックリ。
クラブの6を時計に張られたパパさんもびっくりでした♪

次回は
①スカイツリーの下には何匹のフグがいるか数えよう作戦
②らんすけさんを追いかけろ!大阪襲撃プロジェクト
③定期迎撃?大塚さんを迎え撃て
の3本です♪

どれが実行されるかはフグのみが知る・・・。


ちなみに本日のケンクボ水槽の硝酸塩。
ノーマルレンジで計測し50ppm以上です。
やっぱりハイレンジで計測すればよかった(-_-;)
1203248.jpg

スポンサーサイト

葛西臨海水族園 2012年春その3

2012年03月17日 23:59

フグを見終えたらメインのマグロ水槽には目もくれず外へGo!
以前は水槽が置いたあっただけのしおだまりがプチリニューアル。
人もだいぶ集まってます(^^)
1203171.jpg


いっぽうこちらはキングペンギン。
幼鳥もでっかいんですね~(^_^;)
1203172.jpg


餌の時間がわかっているらしくフンボルトペンギンとイワトビペンギンは
興奮して渦を巻いて泳いでいます(^^)大迫力!
1203173.jpg


みんなにいきわたるように一気にお魚を投入!
1203174.jpg


獲ったどー!!
1203175.jpg


ズルしてるペンギン発見(^_^;)
1203176.jpg


一方小さなフェアリーペンギンの餌やりはほのぼの。
よちよち魚を食べに来ます(^^)
1203177.jpg


最後のフグはイシガキフグ。
同じ水槽にハコフグがいたはずなんですけど見当たりませんでした。
隔離中かな?
1203178.jpg


アクアマリン福島の復興情報も展示されてました。
ちょっと遠いので気軽に行けませんが落ち着いて余裕ができたらまた行きたい水族館です。
ようやくトドが帰ってきたようですね(^^)復興は続いています。
アクアマリン福島の復興ブログはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimaaqua
1203179.jpg


本日の数値。
硝酸塩は50ppm。日中に足し水した影響が出ているのかもしれません。
でも50ppmの水を4リットル弱足しただけで下がるってのは何が起こって
いるのでしょうね?
12031710.jpg


リン酸塩は0.05ppm。
12031711.jpg


亜硝酸塩は検出なし。そろそろ未開封のボトルのバクテリアが
活発になってきていると思うのでそれを思うと現在の数字でもわくわくが止まりません(^^)
12031712.jpg

葛西臨海水族園 2012年春その2

2012年03月16日 23:57

さてかさりん第2弾はフグまみれです(^^)

まずはシマキンチャクフグとノコギリハギ♪
いやーホントそっくりですよね。
きちんと見分けられるあなたはれっきとしたフグマニア。
この写真を撮るために30分も水槽に張り付いていた私もフグマニアww
1203161.jpg


黄色いとげのサザングローブさん。
もうラブリーすぎます(><)
1203162.jpg


ラインがきれいなホワイトバードボックスフィッシュさん。
1203163.jpg


誘惑のカラフル。オルトネートカウフィッシュ(メス)さん。
1203164.jpg


相変わらず3対1のハーレム状態なオルトネートカウフィッシュ(オス)さん。
1203165.jpg


水面でパクパクしているスクロールドカウフィッシュさん。
1203166.jpg


ケンクボ水槽の数値ですが硝酸塩は75ppm。若干減りました(^^)
1203168.jpg


PO4は0.05ppm。
1203167.jpg


亜硝酸塩は検出なし。
1203169.jpg


その3へ続く~。

葛西臨海水族園 2012年春その1

2012年03月15日 23:04

7か月ぶりの水族館記事ですね(^^)
月末にフグ友さんが東京にいらっしゃるので偵察と下見に行ってきました♪
1203151.jpg


偶然でしたが本日にプチリニューアルをしているようです。
昨日じゃなくてラッキーでした(^^)
1203152.jpg


そして企画展も本日から。
江戸前の海~二枚貝から見た東京湾。
かさりんらしい環境をテーマにした企画展です。
1203153.jpg


アクリルの標本が良かったですね。
本物が中に入っていますし360°どの角度でも見れるのがとっても良いです♪
1203154.jpg


水槽もプチリニューアル。
各水槽に案内ディスプレイが付きました。
1203155.jpg


ネズミフグ~(^^)
1203156.jpg


さてケンクボ水槽の数値ですが硝酸塩は100ppmで若干上昇。
ボトル小分けの効果がでるまでは我慢です(^_^;)
1203157.jpg


リン酸塩は0.05ppm。
1203158.jpg


亜硝酸塩は検出なし。
1203159.jpg

その2に続く。

よみがえれ ~アクアマリンふくしまその8~

2011年08月02日 23:01

バックヤードツアー後編です(^^)

こちらは水草のストック。たくさんありますね♪
1108021.jpg


こちらの水槽は蓋がしてあります。
飛び出し防止とは違うのでしょうね(^^)
1108022.jpg


アクアマリンふくしまの誇る活魚トラック。
これが無事だったおかげで7月にオープンができました(^^)
キハダを運んできたのも4000匹のイワシを運んできたのもこのトラックです♪
1108023.jpg


他の水族館へ避難している動物の日誌もついています。
なんだか感動してしまいます(:_;)
1108024.jpg


こちらは実験室。名前と異なり、病気になった魚の治療をしたり
亡くなった魚の解剖をして原因を調べたりしているそうです。
1108025.jpg


ちなみにアクアマリンふくしまではライブロックは使っておらず
すべてイミテーションとのことでした(^^)
写真はありませんが調理室のコーナーでエサに関しては病気防止のために
すべてのエサは一度冷凍して寄生虫などの予防をしているとのことです♪
1108026.jpg


ちなみにこちらが飛びだしてしまったチョウザメ。
解剖後、剥製になり第2の人生を歩みだしました。
1108027.jpg



アクアマリンふくしまの復興ブログはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimaaqua/


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。